【ディズニー防寒対策】5つのポイントだけは押さえてほしい!(男性編)

冬ディズニー男性編 ディズニー

星の数ほどあるブログ記事から選んでいただき、ありがとうございます!

この記事は 5分 で読めます。

是非、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

当ブログを管理しているこじきゅう(@kojikyumei)です。

こじきゅう
こじきゅう

宜しくお願い致します!

 

冬場でも東京ディズニーリゾートに行きたいけど、絶対寒いよね!?

 

そんなことを考えている、あなたは大正解です!

 

冬のディズニーは超・超・超寒いです!

特に1月~2月は極寒!気温は1桁になります。

 

気温の低さに加え、海風が吹くので体感温度はさらに下がります。

 

そのうえパレードやショーの場所取りでじっと動かない(地蔵する)と、パトラッシュと天使がお迎えに来そうになります。

 

そこで、今回は・・・

ディズニーでパパが気をつけたいポイント5選を紹介します!

 

今回の記事はこんな人におすすめ・・・

  • 冬場でもディズニーを満喫したい。
  • ディズニー行くときの防寒対策で悩んでいる。
  • ディズニー初心者(冬場のディズニー未体験)。

 

この記事を書いている人は・・・

  • 東京ディズニーランド年間パスポートを2020年まで7年連続更新。
  • 毎月2回以上は親子でパークイン。オールシーズンのディズニー経験済み。
  • 2021/01/01も親子で東京ディズニーランドに訪問済み。

なので、そこそこ信頼性はあると思います。

ということで、解説していきます!

 

私がいつも最新ディズニー情報を確認しているディズニーYouTubeチャンネルはこちら↓

冬ディズニーの動画もたくさんあるので、人気ユーチューバーさんがどんな格好しているのか参考になりますよ!

 

スポンサーリンク

ディズニー防寒対策①:アウター選び

アウター&コート

 

膝まで隠れるロングコートは温かいけどNG!

年齢とともに冬場のアウターの丈が長くなってきませんか?

 

私はアラフォーになり、普段は膝が隠れるくらいのコートじゃないと寒さに耐えられなくなってきました。

 

でも、東京ディズニーリゾートに行くときは膝丈ロングコートは羽織らないようにしています。

 

なぜなら・・・

  • とにかく動きづらい(子供の動きに対処できない、アトラクションに乗りにくい)
  • 脱いだときに邪魔(レストランで起き場所に困る)
  • トイレがしにくい(自分も、子供のサポートも)

です。

 

こじきゅう
こじきゅう

子供と100%遊ぶためには、ココ重要!

 

なので、私のおすすめは断然「腰丈ダウンジャケット」1択!

 

やはり子供のことを思うと、動きやすさや荷物にならないことは重要。

【PR】全国初!ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】
お気に入りのダウンジャケットが汚れてしまった!
家で洗うのはちょっと心配。
そんな方におすすめのサービスです。

でも、寒くないの??

確かに膝丈ロングコートに比べると、防寒対策としてはレベルダウンしちゃいますよね。

 

そこでおすすめしたいのが、インナーとの組み合わせです。このあと詳しく解説します!

 

スポンサーリンク

ディズニー防寒対策②:インナー選び

インナー&肌着

 

極暖系インナーの上下は必須!

ここ数年で冬物インナーは凄く進化しています。

 

特に、「ユニクロ」と「ワークマン」は必ずチェックしてほしい2強!

 

  • ユニクロ:ヒートテック、極暖、超極暖、など
  • ワークマン:ヒートアシストコットン、チャージヒート、など

 

両方着用した感想としては、

ブランド名 メリット デメリット
ユニクロ 着心地が良い。動きやすい。 動いていないと寒い。値段が高い。
ワークマン とにかく温かい。値段が安い。 オシャレ感はない。店舗が少ない。

 

どちらも年々クオリティが高まっていて差はほとんど感じませんが、個人的には防寒ならワークマンが優勢かなって感じです。

 

普段はヒートテック派だけど、ディズニーのときはワークマン派です。

 

そして、さらに重要なのが・・・

上下でインナーを着用することです。

いわゆるレギンスを着たほうが良いということです。

男ってレギンス着るの面倒だよね。トイレとか。。。

こじきゅう
こじきゅう

でも寒くて風邪をひいてしまっては、元も子もありません。

冷えの原因は足元からです!
足元を制する者は、冬ディズニーを制します!

 

最近は極暖パンツみたいなのも発売しているので、併せて使えばバッチリです。

 

もし、パークで暑くなってしまったり、動きにくかったらレギンスだけ脱げばOK。

 

レギンスはカッコ悪いとか動きにくいとか思わず、着用することをおすすめします!

 

スポンサーリンク

ディズニー防寒対策③:アクセサリー

マフラー&帽子

 

ディズニーのパークグッズを取り入れよう!

防寒対策で忘れてはいけないのが、アクセサリー。

 

アクセサリーにも色々ありますが・・・

  • マフラー
  • 手袋
  • 帽子(かぶり物)
  • 靴下

などの小物のことです。

 

これらのアイテムは防寒対策の主力ではないですが、あると防寒力はグッと高まります。

 

また、その時の気分やファッションに合わせて変えることができるが、アクセサリーの良いポイントです。

 

そこでおすすめしたいのが、

パークグッズを取り入れて楽しさを倍増させる

ことです!

 

冬のパークグッズのバリエーションも年々増えています。

 

特に帽子(かぶり物)の種類は、毎シーズン数十種類は販売されています。

 

最近のおすすめは耳までかぶれるアイテム!

こじきゅう
こじきゅう

これは本当に温かい!

 

写真映え(インスタ映え)もするので若い子達が被っているイメージがありますよね。

 

ここで、アラフォーパパは遠慮しがちですが、私はそんなアラフォーパパにこそ被ってほしいと考えています。

 

なぜなら・・・

かぶり物は子供ウケが最高!

だからです。

 

パパは日ごろ何のために頑張っているか?

 

それは家族の笑顔のためです!

 

子供が笑えば妻も一緒に笑ってくれます。

 

似合わないとか、恥ずかしいとか思わず勇気を出して、被ってみてください。

こじきゅう
こじきゅう
暖かさと共に、新しい自分と家族の温かさにも出会えるはずですよ(笑)

 

スポンサーリンク

防寒対策④:カイロ

暖かい&温もり

 

防寒の定番アイテムだけど、どれにしよう??

防寒対策で必須といえるグッズですが、種類が多くてどれにするか迷いますよね。

 

定番は使い捨てカイロですが、温まるまで少し時間がかかるし、意外と早く冷めてしまう。

 

一日何個使うんだろうって思っちゃいます。

 

パーク内でも購入できて便利なグッズですが、何個も持つのは荷物になってしまうし、なんかゴミにもなるから罪悪感があります。

 

そこでおすすめしたいのが、

充電式カイロ
です!
意外とベタな回答ですね(笑)
こじきゅう
こじきゅう
そうなんです!ベタでいいんです!

 

なぜなら・・・

  1. 最近の充電式カイロは進化している。※この後紹介します。
  2. ゴミが増えない。
  3. 普段も使える。

からです。

 

特に、注目してほしいのは「1.最近の充電式カイロは進化している」についてです!

 

では解説していきます!

 

最新の充電式カイロは進化している!

先に私のおすすめを紹介します!

こじきゅう
こじきゅう
これめちゃくちゃ使えます!
何がそんなに良いの?

何がすごいって2Wayタイプの充電式カイロなんです!

  • 通常のカイロ機能
  • モバイルバッテリー機能

の、両方の機能があるんです。

最近のカイロだと当たり前じゃない!?
こじきゅう
こじきゅう
確かに最近の充電式カイロは、モバイルバッテリー機能付きが増えています。

 

重要なのは、ディズニーに行ったときに「2Wayタイプの充電式カイロ」が役立つっていうことです。

 

なぜなら・・・

ディズニーに行くとスマホのバッテリー消費が速い

からです。

 

一番バッテリー消費しているのは、東京ディズニーリゾートアプリ利用です!

 

東京ディズニーリゾートアプリとは・・・

  • オンラインチケットの表示
  • エントリー受付・表示
  • スタンバイパスの取得・表示
  • アトラクション待ち時間のチェック
  • レストラン予約・キャンセル
  • お土産グッズのチェック・購入
  • フォトキーカード表示・フォトマップのチェック

ができる現在のディズニーパークを楽しむには必須のアプリケーションです。

 

一日何度チェックするか分からないくらい利用します!

 

さらに、アプリ利用以外にもアトラクション待ちの間に、SNS利用したり、写真を撮ったり、何かとググったり、一日中スマホを利用しています。

 

子供がいるとゲームとか、YouTubeでも消費します。

こじきゅう
こじきゅう
モバイルバッテリーは必須アイテムです!

 

カイロとモバイルバッテリーが一体化していれば、荷物を減らすことができますし、ごみを出すことはありません。

 

一石二鳥の優れものが充電式カイロ型モバイルバッテーリーです。

 

デメリットをあげるなら・・・

  • 使い捨てカイロに比べると重たい(今回紹介したモデルで200gくらいなので、そんなに気にならないかも)
  • 値段が少し高い(この記事を書いているタイミングで、楽天で税込2680円でした。)

 

重さは確かに気になりますが、別でモバイルバッテリーを持っていくことを考えると一つで済むので問題ないと思います。

 

値段に関しては充電すれば何度も使えるので買い替える必要がないのと、消費電力が少ないのでフル充電を使い切っても2円程度なので、むしろ経済的です。

 

是非、カイロやモバイルバッテリーでお悩みなら、充電式カイロ型モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

 

ディズニーパーク内でスマホの充電切れしたときの対策記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

防寒対策⑤:その他

ホットドリンク&ホットフード

 

ホットドリンク・ホットフードも忘れずに

やっぱり最後は内側から温めることが重要です。

 

いくら外からの寒さをガードしても、一度芯から冷えてしまうとなかなか復活することはできません。

 

そんなときは迷わず・・・

ホットドリンクを飲んで、ホットフードを食べましょう!

 

冬場のディズニーはゲストの数が少ないので、レストランやワゴンもほぼ並ぶことなく利用できます。

 

アトラクションやショー・パレードを待つ前に、一度ホットドリンクやホットフードで回復することをおすすめします。

 

私のおすすめはディズニーシー「ニューヨーク・デリ」で販売されている、ホットワインです。

こじきゅう
こじきゅう
アルコールの力は絶大です!

 

屋内施設でひと休憩

さらにもう一つ防寒対策のおすすめとして、屋内施設を活用するということ。

 

例えば、

  • カントリーベアシアター(ランド)
  • ミッキーのフィルハーマジック(ランド)
  • イッツアスモールワールド(ランド)
  • マジックランプシアター(シー)
  • タートルトーク(シー)
  • センターオブジアース(シー)※一瞬外に出ますが。。。

などです。

 

これらの施設はスタンバイ(アトラクション待ち)から屋内なので、最短でも20分前後は屋内にいることができます。

 

またシアター型のアトラクションはゆっくり座ってみることができるので、身体を休ませることもできます。

 

冷え切った身体を温めるには最適のアトラクションなので、おすすめです!

こじきゅう
こじきゅう
ウトウト眠気も襲ってくるのでご注意!ディズニーあるあるですね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

では、今回のポイントをおさらい!

 

  • アウター:動きやすい腰丈ダウンジャケットが〇
  • インナー:極寒系インナーの上下着用が〇
  • アクセサリー:パークグッズのモコモコ系かぶり物が〇
  • カイロ:充電式カイロ型モバイルバッテリーが〇
  • その他:ホットドリンクや屋内施設で休憩が〇

防寒対策がしっかりしていないと、せっかくのディズニーを満喫することはできません。

 

参考にしていただき、パークインの準備を楽しんでください。

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

女性向けの服装記事が多いので、男性向けにまとめてみました。

 

私も冬ディズニーするときは、毎回なにを着ていくのか悩んでいます。

 

ただ一つ言えるのは、

どんな状況でも防寒対策しておいて損はない!

ってことです!

 

冬のディズニーは空いているので防寒対策をしっかり準備して、最高の思い出つくりをしてください。

 

ディズニー初心者の方は、何がどこにあるのか分からず右往左往しているとドンドン身体が冷えてしまいます。

 

効率よくパークを攻略することで、寒さ対策にもなんです。

 

事前に最低限の知識を入れておくことは重要ですよ!

 

そこでおすすめしたいのが、ディズニーガイドブック

 

ディズニーヲタクの私がおすすめするガイドブックをまとめておきましたので、あわせてチェックしてみてください。

https://yurudisney.blog/disney-guidebook-recommedation-2021/

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

 

皆様の日常が健やかで穏やかになりますように。

『こじきゅう』でした。